【祝】これにて転職活動を終わります【しげさんの転職日記④】

転職が決まりました…!

 

 

休職してから10ヶ月くらい経ち、無理しない程度にちまちまと活動をしておりましたが、ようやく納得いく結果になりました。

 

以前の転職日記③で「会社に属さなくても生きていく方法あるし、合う会社があればいいな〜」と思っていたのですが、今では「良い会社に出会えたし、まあのんびり自分らしく働いてみるか〜」とさえ思えています。

www.shigehide.com

 

主治医にも相談し、「その労働環境なら大丈夫そうですね」と言われています。 

以前の転職日記で書いた5つのわがままは、全部満たしています。

①単純作業も、その逆もやだ

②残業が少ない

③転勤は難しい

④営業以外の仕事もしたい

⑤WEB、エンジニア系以外

しかも、残業は少ないどころか禁止されていて、超過する場合は許可が必要です。

 

また、自分で言ったわがまま以外にもいいところがあって、

①前職よりも休日と給与が多い

福利厚生の種類が充実している

③福利厚生が勤務時間内に受けられる(!)

オフィスがめっちゃ綺麗

働き方改革に積極的 

などのメリットと、働き方改革に先進的な企業体質を持っています。

 

クローズで双極性障害とADHDの治療をしながら、のんびり仕事を続けて見て、もし続けられなかったら、それはそれで別の道を選ぼうと思います。

それくらい、私にとっては今回良い選択をすることができ、一歩前に進むことができたかな、と感じています。

 

閑話休題。

さて、退職が決まった時の私が、「自分の人生に”work”が欲しい」と話していました。

 

すごくいっぱいいっぱいかっこ悪すぎる言い訳をして、自分の人間としての器の小ささに辟易として苦しいのですが、でも、退職してより一層、私の人生には「work」が必要なのだと痛感しました

働くことでしか自分の意義を見出せないし、働くことでしか鬱のどん底から脱却できないようです。

あまりにも不器用すぎるけど、きっと大丈夫。

しっかりと限界のラインを見極めて、ゆっくりと自分の生き方を見つけていきます。

www.shigehide.com

 この記事を書いた時は、ブログやライティングで「ライフワーク」を見つけたいと思ったいたのですが、私は生きることが「ライフワーク」で、どんな仕事をしても、自分らしく生きていくことができれば、それが一番いいな、と思っています。

 

鬱を乗り越えて、双極性障害になって、自分の脳に振り回されながらも、生きていく。

それが、今の私にとっての「work」です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です