とある会社の”洗脳”面接を受けて感じたこと【しげさんの転職日記①】

こんにちは、しげひで(@shigehidesan)です。

 

メンタルやらかしてると誰かに利用されそうになること、とても悲しいけどこの社会ではたくさんあります

転職活動中にそんな会社に出会ってしまったので、自戒も含め(というかほとんど自戒)書き記しておきます。

 

 

1.何が起きたか

転職サイトを使用し、とある会社の面接に応募しました。

応募した理由は、給与が高く年収500万くらい稼げるし、未経験でもお仕事が可能と書かれていたからです。

メッセージでやり取りをし、一次書類審査が通ったため、対面での面接へ。

口コミも悪いものは見当たらず安心していたのですが、面接に行って、最初は派遣社員で月給20万であることを知ります。

 

1-1.当日の流れ

①集団面接で8人いたが、一人一人の面談は3〜5分ずつ。

※集団面接である事前説明はなし。

②最初の30分で全員の面談が終了。

③「5,000人の公募の中から20人だけ一次面接に受かった」とされる数字を見せられる。

※転職サイト上の応募数だけ見たので、真偽のほどはわかりません。

④「人生が上手くいってなさそうな人たちだけ、面接に通しました。理由は、そういう人の方がやる気があるからです」という失礼なことを言われ、そのあと2時間、社長が1人で喋っていました。

 

1-2.何が変だったか

社長の話の中で、違和感があったのは以下。

「人生に上手くいってないでしょ」「前の会社は人をもののように扱うでしょ」と求職者に問いかける。

(「はい」と言わせる「イエスセット」という心理テクニックを終始使用して話す) 

上記で我々の自尊心を低下させたあと、「私たちの会社に入ればどのくらい幸せになれるか=お金が稼げる、稼げすぎてベンツとかロレックスとか買ってる」を語る。

自尊心を下げて持ち上げるのはマインドコントロールで多用される方法) 

「人を奴隷のように扱わない会社と、扱う会社がある」や、「人のやる気をいかせる会社と、そうじゃない会社がある」と説明し、どちらに入りたいか?と求職者に問う。

(びっくりするほど押し付けがましいダブルバインド) 

そして、ソースのない「私たちの会社は人のやる気を活かせます」という文言の繰り返し(=刷り込み

仕事内容が書かれた書類を見ると、派遣社員と同等レベルの給与と福利厚生。

それについて質問すると、最初の数年は経験を積ませるためにこのような待遇になるとのこと。

「あーーーヤバイヤバイ」ってずっと思ってました。 

2.なぜ気づいたか

大学時代、100万円のセミナー勧誘を受けたことがあるためです。

 

大学入りたての頃、異業種交流会に行って出会った人に、人生相談にのってもらった事がありました。

当時は実家を出たばかりでまだまだ実父のDVのトラウマが消えていなくて、飲み会の会場なのに、話している途中で泣いちゃったんですよね。

そうしたらいつの間にかその人が「しげちゃん、うちのセミナーに参加して、人生やり直した方がいいよ!」という話になり、セミナー参加費が「100万円」って言われて、「でもお金ないです…」って言ったのに、「親に借りればいいよ。絶対に人生が変わるよ」とゴリ押しされ、メンタルズタズタだったものの、途轍もない危機感を覚え、間一髪で他の人に話しかけたふりをしてトイレへ逃げました。

 

後々、団体名をネットで調べてみると、詐欺集団だというエントリが多数ヒット

宿泊型のセミナーで、水と米しかご飯が出ない、何も為になる事がない、これを読んだ人が参加を辞退しますように、とかボロクソ書かれてました(笑)

幸い、ネットリテラシーがあったことと、大学から学生を狙った宗教勧誘に注意、という啓蒙があったばかりであったので、違和感を覚える事ができました。

 

でも、これがなんの情報も持たないただのメンタル豆腐人間で、アナログで、相談する友人もいなかったら普通に入っちゃってたんじゃないかと思うんですよね。

「自分はそんなのに引っかからない!」なんて一切思わない。

借金とかして、入っていた気がする。

人間はとても弱い生き物です。

 

3.洗脳面接後のコンタクト

社長から直接電話が来て、「しげひでさん、うち入れば頑張れる?」って言われました。

変な質問ですよね。

「いや…ちょっと仕事内容がほとんどわからなかったので、もう一度詳しく話を聞いてから考えたいのですが」

と伝えると、

「ダメ。この場で決めて。うちはやる気ない人しか入れないから」と言われました。「それは無理です」と伝えると、「じゃあ無理です」と言われて終了。

めっちゃ怖いやん。

 

4.反省と今後について

こんな会社に時間を使ってしまったなんて、という気持ちです。

未経験でもいけるとか、あまりに高い給与とか、そういうワードはもっと注意して見るべきだと感じました。

また、自分から応募する方法だけではなく、転職エージェントの利用も必要だと感じ、すぐに面談を入れました。

エージェントを使うことで、多角的に情報を得て、穿った見方にならないように視野を広げていこうと思います。

幸先悪いスタートかもしれないけど、勉強になったと思って割り切ろう、自分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です