2018年、読んで本当に良かった3冊

年の瀬ですね。今年は比較的たくさん本を読みました。

読書メーターで読書量の記録をつけていて、2018年6月からつけ始めたので、月に2.13冊ペースで読みました。

読んだページ総数は4027ページでした。めくったね〜

 

f:id:sh0h01:20181227192503p:plain

13冊読んで4027ページ捲りました

 

2018年を振り返るという意味も込めて、今年読んだ本の読書感想文を振り返って、この本よかったなぁ、誰かにオススメしたいなぁ、と思ったものを載せていこうと思います。

 

 

 君たちはどう生きるか/吉野源三郎 

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

 
読了直後の感想
 

もっと早く出会いたかった。なにしろコペルくんと同じ年の時に読みたかった。叔父さんのノートの部分を繰り返し読んで、己を省みている。問いかけは非常にシンプルでタイトル通りだが、重く心にのしかかる。「どう生きてきたか?どう生きるか?」についての考え方が変わる度に、受ける印象や学びが変わる一冊なので、それを確認したい時に繰り返し読みたいと感じた。隣人にも勧める一冊になりました。

オススメする理由

めちゃくちゃ有名な本なのでみなさんご存知だと思うんですけど、コミカライズもされている名作です。漫画版では削られている部分もあるので、原作を読むことをお勧めします。

コペルくんという中学2年生の男の子が生きる中で様々な事柄に出会いながら成長していくお話ですが、このお話ではコペルくんのメンターの役割を担う「叔父さん」の言葉がとにかく味噌です。

コペルくんが感じた憤り、苛立ち、後悔は、人間が誰しもぶつかる壁なのですが、それにどう立ち向かうのかを一緒に考え、叔父さんと一緒に答え合わせすることができるのが何よりの魅力です。

学ぶことは生きること。それを再確認させてくれる本当に素敵な1冊です。

 

 

フーガはユーガ/伊坂幸太郎 

フーガはユーガ

フーガはユーガ

 
読了直後の感想
 

「1年ぶりの新作長編は、不思議で、切ない。」というキャッチコピーを見て、SFなのかと思い読み始めたが、SFではなく全て『現実』の話だった。・・・(ネタバレのため後半割愛)

オススメする理由

伊坂幸太郎の新作です。面白かった!ミステリーでSFで、現代社会の闇に問題提起もしている作品です。

毒親やいじめなどキツイ表現が多くて読んだ後はしんどいけど、読了感は考えさせられることが多くて心地よい。

何より伏線回収のスピード感と、言葉選びの面白さと、キャラクターの魅力がバランスよいです。伊坂幸太郎は久しく読んでいない、という人に勧めまくっています。 
 

 

 

バカと付き合うな/堀江貴文・西野亮廣 

バカとつき合うな

バカとつき合うな

 
読了直後の感想
 

攻撃的なタイトルだが、本文の大筋は「人間愛」。タイトルと中身のギャップに落胆したというレビューもあるが、個人的には非常に楽しめた。「バカは人の時間を奪うという考えがない。電話をかけるな!」など、あるあるネタのようにクスリと共感しながらさっくり読み進められる。そもそもこの本に書かれているような「悪いバカ」は、誰しもが通ってきた道であり、バカを頭ごなしに否定するようなら本物のバカだ、とあまりにも優しい教えを説いている。本なんか読んでないで今すぐ行動しろ!なんて、人間愛の塊だ。屈折しているが、私はすごく好き。。

オススメする理由

さっくり30分で読めますが、言いたいことを全部言ってくれていて気持ちいいです。

そして決して誰かをバカにしてこき下ろしている内容ではないのがポイント。

行動しろよ!考えろよ!さあ行け!という背中を押すメッセージが詰め込まれていて、全く嫌味じゃない。

ホリエモンさんと西野さんの共著ですが、お互いアクが強すぎて化学反応起こして綺麗なとこだけ抽出されています。タイトルに反するポジティブパワーを秘めた著。やしろあずき先生のイラストもマッチしていて可愛いです。 

 

 

本と2018年のことを振り返る

Kindleを買って、読書量は明らかに増えました。

大学時代よりかなり本を読んでいるので、何が一番の要因か考えてみたのですが、仕事する楽しさに出会えたからかなーと思います。(まあそのせいでメンタルの限界突破も経験してしまいましたが。。)

あとは単なる読書量じゃなくて、本を読んで「どんなアクションをしているか」が重要だと気づく一年でもありました。

読書家は周りにたくさんいますが、本の内容を活かすことができているのは、ほんのひと握りなのだと、客観的に見ていてもわかるくらい、「インプットしたことを良質な形でアウトプットする」のは難しいのだと実感しました。

だからこそ、「バカと付き合うな」のあとがきに、「本を閉じて、行動してください」と書かれているのは、本当に愛情たっぷりだな〜と思いますね。 


そういえば、Kindleと紙の本3:7くらいで購入していますが、今回選んだ本は偶然全て紙の本でした。Kindleは積読ばっかりだからかな。

本との出会い方が変わった一年だな〜ということも、呟いてました。

今年中にもう一度、本屋でジャケ買い祭りしたいですね。

来年も良い本に出会えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です