うつ病になり、体重が20kg増加してしまった話。

こんにちは、しげひでです。

表題の通りなのですが、うつ病に罹ってからというもの体重が増えに増え、とうとうこの間、BMI痩せ型から肥満体型に変わってしまいました。

あまりのショックに、フィットネスやプール通いの予定を詰めまくっています(笑)

1年足らずで20kg増

BMI痩せ型から1年足らずで肥満体型になってしまうのは、この病気の恐ろしさだと思います。

特にここ最近の私は心の喪が明けず、1日に4〜5時間も起きていられない日々が続いていました。

睡眠外来に通ったり、心療内科で相談したり、神経内科で相談したり、様々な手を尽くしてはいますが、これといった解決方法は見つからないでいます。

 

うつ病の治療の難しさを体感する

また、現在はうつ病と診断されていますが、適応障害や双極性障害などの診断を受けることもあり、この病気の難しさを心で体感している次第です。

薬物治療が最優先で行われる治療にもかかわらず、根本の解決になっていないところも、この病気の難点です。

参考 うつ病の人は世界で3億2千万人 WHOが推計サイエンスポータル

この記事で言及されているWHOの統計が2015年時点のものですので、現在はもっと増えていると考えられます。

それに、メンタルクリニックに通うという発想自体がなかったり、お金がなかったり、うつ病の要因となるものから離れることができない環境であったりと、様々な関門があります。

それを乗り越えるのは、そもそもうつ病の人には難しいというのが、最大の難関ではないでしょうか。

 

私はどう生きるか

さて、散々と今の散々な現状について話してきましたが、それでも私たちは生きていかねばなりません。

解決策を講じなければ、死んだも同然です。

そうはなりたくない、そのため、私はこれから以下のことを考えています。

 

①無理のない人生を送る

私は、自覚がありませんが生き急いでしまう節があるようです。

仕事が早い、フットワークが軽いと言われることが多いのですが、それは私にとってはメリットですが、この病気にとっては体に毒になりかねません。

「無理してないよ!?」と思っても、一度立ち止まって休憩をするくらいで、良いのだと、最近気づき始めました。

②心が辛い理由をもっと深掘りする

お仕事を退職してから、病院でのカウンセリング料を支払えなくなってしまいましたが、下記のようなサービスを使ってカウンセリングを受けようと思います。

なぜ辛いのか、具体的に説明できないことが多く、(だからこそ病気であると思ってはいるのですが)心をもっともっと知りたいです。

参考 悩み相談と心の対話の場所NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

③体の健康を第一に考える

心の健康は、体の健康に引っ張られる部分があるとよく聞くため、プール通いや、家でできるフィットネスのゲームをしています。

現状を打開するために、のんびりと生きた証を綴っていこうと思います。

よければお付き合いいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA